北条政子とは?やったこと簡単に教えて!

北条政子

日本史の中で
何人もの女性の名が
挙がってきますが、
「北条政子」は
特に有名ではないでしょうか。

御台所みだいどころ」「尼御台あまみだい」「尼将軍」などの
あだ名で呼ばれるほど、
政子の功績は大きいようです。

ここでは北条政子とはどんな人物で、
やったことを簡単に紹介していきます。

スポンサードリンク




北条政子の経歴

北条政子が生まれたのは
平安時代後期の保元。

京の朝廷で院政が始まり、
院政を行う上皇の座を巡って
保元の乱が起こった頃でした。

政子の経歴です。

年齢
0歳政子誕生 保元2年(1157年)
20歳源頼朝と結婚
長女・大姫を出産
23歳夫・頼朝挙兵
25歳長男・頼家を出産
亀の前事件
29歳次女・三幡を産む
35歳次男・実朝を出産
夫・頼朝征夷大将軍に任命
40歳長女・大姫が20歳で死亡
42歳夫・頼朝、落馬が元で急死
次女・三幡、14歳で死去
43歳十三人の合議制始まる
梶原景時の変
46歳比企能員の変
47歳長男・頼家死去
次男・実朝が将軍、父・時政が初代執権に就任
48歳牧氏事件
56歳和田合戦
58歳父・時政死去
61歳朝廷から従三位に叙される
62歳次男・実朝が孫の公暁に暗殺される
藤原頼経を擁立、後見として将軍の代行
63歳承久の乱
67歳弟・義時が急死
伊賀氏の変
68歳嘉禄元年7月11日(1225年8月16日)死亡

波乱万丈のひとことに就きますね。

藤原頼経の後見になったことで
「尼将軍」と呼ばれたのですね。

北条政子、なぜ出家?

北条政子が出家したのは
夫の源頼朝が
亡くなって以降と思われます。

娘ふたりと夫が立て続けに亡くなり、
さすがの政子も消沈し、
後を追おうとしました。

しかし、
息子たちの行く末を心配し
思いとどまったようです。

せめてもと、
夫たちの魂を弔うために
出家したのでしょう。

源頼朝と北条政子

また、出家することで
「再嫁しない」という、
意思表示をし
遺された息子たちを立派に
育て上げなくてはいけない、
と覚悟したのでしょう。

スポンサードリンク




北条政子の生き方

北条政子は「悪女」だといわれますが、
そうではなく芯の強いひとなのです。

源頼朝と出会い、
ともに鎌倉幕府を作り、
支えた人生なのです。

そのためには
父や子への情を捨てもしました。
(比企能員の変・牧氏事件)

鎌倉幕府を守ることが
頼朝への愛情の証では
なかったのでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました