藤原薬子こそが日本三大悪女だ!

藤原薬子

日本三大悪女といえば、
日野富子、北条政子、淀殿
といわれますが、
筆者は是非とも
藤原薬子くすこを筆頭にあげたいですね。


薬子の知名度が
低いのかもしれませんが、
歴史で習いませんでしたか
「薬子の変」を。


その薬子です。


日本の歴史史上、
女性の名が付いた政変は
「薬子の変」だけではないでしょうか。

今は
平城太上天皇へいぜいだいじょうてんのうの変」
と呼ばれるそうですが、
薬子が関わったことは事実です。


では、
薬子がなにをしたのかみていきましょう。

スポンサードリンク




藤原薬子とは

藤原薬子は平安時代の女性で
藤原式家の出です。


式家の祖は藤原鎌足の孫・宇合うまかいで、
式家からは天皇の后たちを輩出し
権勢を高めていました。


薬子の父は藤原種継たねつぐ


時の天皇・桓武の信任が厚く、
長岡京遷都の責任者でした。

ところが種継は
暗殺されてしまうのです。

犯人として捕まった中に
皇太子の早良さわら親王がいました。

早良親王は無実を訴えながら亡くなり、
その後相次ぐ親族の病死や
疫病が流行り

早良親王の祟りだと怖れら、
桓武天皇は平安京
都を移してしまいました。

その頃薬子は
同じ式家の藤原縄主ただぬしと結婚し
三男二女をもうける
平凡な母だったのです。

薬子と平城天皇の関係

早良親王の代わりに皇太子になったのは
桓武天皇の息子・安殿あて親王

のちの平城へいぜい天皇です。

安殿親王は薬子の娘・珠名たまな
后に迎えたいと申し出ます。

喜んだ薬子の夫・縄主は
まだ幼い珠名を思いやり
薬子を付き添いにつけるのですが、
それが仇となりました。

安殿親王は珠名ではなく
薬子を見染てしまうのです。

これはとんでもない話です。

親王は娘の夫だというのに、
薬子はそれを受け入れ
東宮宣旨とうぐうせんじという親王が住む
東宮の筆頭女房になりました。

こんなことがまかり通るはずもなく、
桓武天皇は怒り、
薬子に「出て行け!」と命じますが
「あなたも義母と関係を持ったではないか」
と嘲ったようです。

こわい女ですね。
天皇に歯向かうなんて。

桓武天皇も
式家の力で即位できた身なので
強く言えません。

薬子と親王

一応
引き下がったように見せかけた薬子は
夫の元には帰らず、
どこかに居を構え
安殿親王と密会を続けました。

薬子の容貌については
文献がないためわかりませんが、
ひと目で親王の心を奪うほどの
美女で若くみえたのでしょう。

一説には親王より9歳も年上だったとか。

当時親王は30歳ぐらい、
となると薬子は39歳ですから
これはビックリです。

年〇好みだったのかもしれませんね。

薬子の変をわかりやすく説明

桓武天皇が亡くなると
安殿親王が即位し
平城天皇となりました。

平城天皇は
すぐに薬子を宮中に呼び戻し、
彼女の夫を大宰帥だざいのそちにして
九州に遠ざけるのです。

薬子は天皇のお言葉を臣下に伝える
尚侍ないしのかみに任命され、
薬子の言葉=天皇のお言葉
になったのです。

そしてここに
薬子の兄・藤原仲成なかなりが加担し、
薬子&仲成の専横が始まります。

仲成は陰険で横暴な性格のため
身内でさえ疎んじていました。

薬子&仲成が
我が世の春と浮かれていた時、
平城天皇は病気のため
弟・嵯峨天皇に譲位してしまうのです。

在位はたった3年でした。

それなのに
上皇(太上天皇)となった平城は
病気が快復すると
嵯峨天皇と対立するようになります。

これが二所朝廷となり、
臣下たちは混乱します。

権勢を取り戻したい
薬子&仲成はけしかけますよ。

その気になった平城上皇は810年、
奈良の平城京を都とすると
言い出したのです。

この突然の遷都に嵯峨天皇は
坂上田村麻呂さかのうえのたむらまろらを平城京に送り込み、
薬子&仲成を捕らえて
罪を問う詔で応戦。

坂上田村麻呂

平城上皇は
東国へ行って挙兵しようと、
薬子とともに平城京を発ちますが、
嵯峨天皇の命を受けた
坂上田村麻呂の軍に進路を断たれ、
仲成は矢で射殺されます。

勝機のないことを知った平城上皇は
剃髪し出家

薬子はを仰って死んでしまいます。

薬子の変の結果

薬子の変は
上皇VS天皇
の二所朝廷が発端となった変でした。

変のあと平城上皇は
平城京で大人しく余生を送り、

嵯峨天皇は
最高権力者は天皇のみであるとし、
上皇が力を持つことを止めさせました。

スポンサードリンク




まとめ

平凡な母だった藤原薬子は
権力という魔力に憑りつかれた
悪女に豹変し、
後世に汚名を遺す結果になりました。

ターニングポイントは
いくつかありましたが、
それを選んだのは薬子自身ですから
身から出た錆ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました