北条政子の演説は承久の乱の時だった 全文を見てみよう

北条政子

北条政子といえば
悪女説と演説が知られています。


あの演説は承久の乱の時に
御家人たちに向けて行われたものですが、
どんな目的があったのでしょう。


承久の乱の流れとともにみていきましょう。

スポンサードリンク




承久の乱はじまる

承久の乱とは、
1221年、後鳥羽上皇
鎌倉幕府の執権北条義時を
討てと兵を起こした反乱です。


北条政子にしてみれば
亡くなった次男の実朝に子供がなく、
摂家から夫・頼朝の縁戚になる
たった2歳の藤原頼経よりつね
4代将軍として迎えたばかりでした。


では後鳥羽上皇は何を思って
追討の院宣をだしたのでしょうか。

後鳥羽上皇とは

後鳥羽上皇すなわち後鳥羽天皇は
壇ノ浦で神鏡剣璽さんしゅのじんぎを奉じて亡くなった
安徳天皇の弟です。


安徳天皇の後を継ぎ
即位したのが4歳でしたが、
もちろん神鏡剣璽はありません。


神鏡剣璽は天皇の即位に不可欠なもので
後鳥羽上皇はこのことが
コンプレックスになったのか
強権を振うこととなるのです。

神鏡剣璽


上皇は実朝が存命中は
かなり友好的だったようですが、
暗殺されたと知るや手のひらを返します。


実朝亡き後は天皇の子が
鎌倉に来るはずだったのを拒否し、
摂関家の頼経で我慢しろとばかりに
下向させます。


この時自分の愛妾の荘園の地頭(幕府側)を
辞めさせろと要求したりもしました。


とにかく都で幕府寄りの武士が
トラブルに巻き込まれることが頻発し、
ついに
北条義時追討の院宣を発するのです。


理由はせっかく下向させた頼経を
だいじに扱っていないから。


はあ?これって言いがかりだね。
そう、理由はなんでもよかったのです。


本心は北条を潰したかった。


鎌倉幕府を開いた源頼朝は
天皇の血を引く河内源氏の者です。


その源氏の者なら
朝廷と向き合うのは許せたが、
格が下の下の北条が言ってくるのは
我慢ができなかったようです。


どうせ朝廷に逆らって
北条につく武士などいない、
と高を括っていました。

北条政子の演説全文をみてみよう

後鳥羽上皇が
北条義時追討の院宣を下したことは、
すぐに鎌倉に伝わりました。


軍議で上皇軍と戦うことが決まっても、
御家人たちは
「朝敵になってしまう」
と動揺し士気が上がりません。


そこで
政子は御家人たちに向かって
演説をするのです。

皆心を一にしてたてまつるべし。れ最期のことばなり。右大将軍うだいしょうぐん朝敵を征罰し、関東を草創してより以降、官位と云ひ俸禄と云ひ、其の恩 既に山岳よりも高く、溟渤めいぼつよりも深し。報謝ほうしゃの志浅からんや。しかるに今逆臣のざんに依りて、非義の綸旨りんじを下さる。名を惜しむのやからは、早く秀康ひでやす胤義たねよし等を討ち取り、三代将軍の遺跡ゆいせきを全うすべし。ただ院中いんちゅうに参らんと欲する者は、只今申し切るてえり。  

吾妻鏡

皆、心を一つにしてお聞きなさい。
これは私の最後のことばです。


源頼朝公が朝敵の平家を征伐し、
鎌倉幕府を草創して以降、
官位といい、俸禄といい、
その恩はすでに山より高く、
海よりも深いのです。


恩に報いろうという志が浅くはないか。


しかるに今、逆臣の讒言によって、
道義に反した
綸旨りんじ(天子の命令)がくだされた。


名を惜しむ者は、早く
藤原秀康・三浦胤義(讒言した逆臣)らを
討ち取り、
三代将軍の眠るこの鎌倉を守りなさい。


但し、
院側へ行きたい者は、只今申しでるとよい。

この演説を聞いた御家人たちは
涙を流し「戦う」と心を一つにし
すぐさま18の騎馬が出発したのです。

騎馬

北条政子の演説の目的は?

御家人たちの心を鷲づかみした
すばらしい演説ですね。


でも、
ん?と感じた方もいらっしゃるでしょう。


後鳥羽上皇は
北条義時を討てと命じましたが、
鎌倉幕府を倒せとは言ってませんよね。


政子の演説はさも
上皇が倒幕せよと言っているようです。


ここに政子の賢さがわかりますね。


「義時のために戦う」では
御家人たちに対し押しが弱かったんです。


だから「三代将軍のために」とすり替えた。


しかも戦う相手は
「上皇ではなく逆臣の者だ」とも。


弟の義時を守るために政子が
「最後のことば」と一世一代の
演説を行ったと考えられます。

スポンサードリンク




承久の乱の決着

鎌倉をたった18騎で出発したのが、
道々で兵を増し、
京に着く頃には19万騎にもなりました。


泡を食った後鳥羽上皇は
謀臣ぼうしんの企てだと義時追討の院宣を取り消し、
藤原秀康、三浦胤義らの逮捕を命じます。


この期に及んで
藤原秀康たちを見捨てたのですよ。


藤原秀康らは自害、捕縛され、
上皇は隠岐島に流されました。


よく北条政子は
上皇を島流しにした悪女といわれますが、
今回の決定は義時らがしたものですから
政子は関わっていないようです。


その後、
朝廷は新たに設置された
六波羅探題ろくはらたんだいに監視され、
鎌倉幕府に従属したのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました