淀殿とは?淀殿の生涯をわかりやすく説明しよう

淀殿

近年歴史上の
人物を扱ったゲームなどで
多くのひとに
知られるようになった淀殿


ゲームではなく実際に淀殿は
どんな生涯を送ったのか
わかりやすくまとめてみました。

スポンサードリンク




淀殿の生涯

淀殿の本名は浅井茶々あざいちゃちゃ


戦国武士の浅井長政あざいながまさを父に。
母はあの織田信長の妹のです。


信長の姪になるのですから
波乱の生涯が予想されますね。

1569年小谷城(現在の滋賀県長浜市)で生まれる
1573年小谷城の戦いで小谷城が陥落 父・長政自害 兄・万福丸処刑
母・市と妹・初、江とともに織田側に引き取られる
4歳
1582年本能寺の変が起こる
母・市が柴田勝家と再婚し北ノ庄城(現在の福井県福井市)へ移る
13歳
1583年勝家が羽柴秀吉と対立し賤ヶ岳の戦いが起こる
北ノ庄城陥落勝家・市が自害
三姉妹は秀吉の庇護を受ける
14歳
1585年秀吉関白になる16歳
1588年秀吉の側室となる19歳
1589年捨(鶴松)を生む20歳
1591年捨2歳で死亡22歳
1593年拾(秀頼)を生む24歳
1598年秀吉62歳で死亡29歳
1600年関ヶ原の戦い31歳
1614年大坂冬の陣35歳
1615年大坂夏の陣で大坂城陥落
秀頼とともに自害する
36歳

淀殿の名前の由来は?

淀殿がすて(鶴松)を懐妊した時、
喜んだ秀吉から淀城を賜ります。


それから「淀殿」と
呼ばれるようになりました。

淀城は
京都府京都市伏見区にあった山城で
現在は石碑が遺るだけです。

淀殿

淀殿の子孫はどうなった?

淀殿が生んだ子で成人したのは
秀頼だけです。


その秀頼には側室との間に
国松という男子と娘がひとりいました。


しかし大阪城落城のあと、
国松は処刑。
娘も天秀尼という尼になることで
命を長らえました。


天秀尼が子を生さず亡くなったことで
淀殿の子孫は絶えました。


それは秀吉の子孫も
絶えたのを意味するのです。

スポンサードリンク




まとめ

淀殿は淀城に住んでいたので
「淀殿」と呼ばれ、
三度の落城に会う波乱万丈な生涯でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました